サテライトオフィスの導入方法

サテライトオフィスの導入方法

サテライトオフィスの導入方法 サテライトオフィスを導入する目的には色々あり、それに合わせた規模を把握することが大切です。郊外に本拠地を置いていて営業のしやすさを考えて都心に設置する場合は、あまり規模が大きくなくても問題がない場合が多いです。本拠地と同じ機能を持たせるのであれば、どこまで共通させるのかを考えましょう。その結果によっては物件を購入したり賃貸契約を結ぶ以外に、コワーキングスペースなどのレンタルで済ませられるかもしれません。

そして逆に都心に本拠地があり、雇用の拡大や通勤時間の短縮のために郊外にサテライトオフィスを置くこともあります。そちらでは従業員の人数を始めとした規模を想定することが大切です。もし規模を大きくして本拠地との行き来を少なくするつもりであれば、コミュニケーションの方法も考えなければなりません。
またその他にも遠く離れた地方自治体から誘致されて、導入することもあります。その場合は自治体のサポートを最大限に活かすことを考えなければなりません。

自宅に近い立地のサテライトオフィスの意義

自宅に近い立地のサテライトオフィスの意義 近年、労働人口の頭打ちもあり、産休や育休の女性が職場復帰しやすくする手段としてサテライトオフィスの重要性が認識されています。

遠方の職場まで通勤せずに働く方法としては、自宅でのテレワークと言う手段も考えられます。しかし、この方法では仕事とプライベートがきっちりと分けられないと言ったデメリットがありますが、サテライトオフィスはこうしたデメリットを排除する事が可能です。

またサテライトオフィスでは、直接会話する機会は少なくとも、同じ様に仕事に取り組む人の気配があり、それが自宅でテレワークを行う際に感じる孤独感もなくしてくれます。

サテライトオフィスは、産休や育休からの復帰を容易にするために導入を始める企業が多かったのですが、職住近接と言うメリットを考えれば、今後はさらに一般の方々に対しても、働き方の多様性の中で増えて来る事が予測されます。

さらに企業にとっても、通勤費の削減や都心の高額なオフィススペースを縮小できる経営メリットもあり、こうした点からも期待できると言えるでしょう。

新着情報

◎2020/10/9

サテライトオフィスの導入方法
の情報を更新しました。

◎2020/8/7

コミュニケーションの注意点
の情報を更新しました。

◎2020/05/29

サイト公開しました

「オフィス 導入」
に関連するツイート
Twitter