コミュニケーションの注意点

コミュニケーションの注意点

コミュニケーションの注意点 サテライトオフィスでは、本社との対面コミュニケーションがほとんどなくなってしまいます。こうしたサテライトオフィスと本社とのコミュニケーション不足は、認識の相違や情報格差の温床となりかねません。また、実際に同僚や上司と接していないと、帰属意識が薄れていく可能性もあります。そのため、Web会議システムなどによって、サテライトオフィス勤務をしている従業員と本社との連絡体制を構築し、業務の進捗や今後の予定などを共有できる環境を整えることが重要となります。しかし、ここで忘れてはならないのは、チャットツールやWeb会議システムといった、ツールの導入で終わらせてはいけないということです。
ツールの導入だけでは、全く意味がありませんし、コストの無駄です。どんなに素晴らしいシステムでも、結局使うのは人間です。ツールを使うときのマナーやルール、ペナルティなど、運用に関する面もしっかりと検討することが必須となります。

サテライトオフィスとのコミュニケーション

サテライトオフィスとのコミュニケーション 会社の経営者ならば、様々な会社経営に関する知識を頭に入れておきたいところです。最近流行しているビジネス用語の1つが、サテライトオフィスと呼ばれるものです。サテライトオフィスとは、本社から離れたところにあるオフィスで、東京の郊外や大阪の郊外にあることが多くなります。
サテライトオフィスが注目されている理由の1つは、首都圏に一極集中している弊害が出てきたからです。例えば、本社が都心部にある場合、全員が本社に出社しようとすると満員電車に乗車する事は避けられません。この負担を避けるためには、少し都心部から離れたところにある小さなオフィスを借りることが必要です。
2020年になってからは、コロナウィルスの蔓延により、ますますこのようなオフィスが注目を集めています。特にテレワークができるような会社ならば、本社から離れたところに事務所があっても問題ないはずです。サテライトオフィスの存在を知っておけば、コロナウィルスが蔓延してもビジネスを止めることなく利益を出すことができるでしょう。

新着情報

◎2020/10/9

サテライトオフィスの導入方法
の情報を更新しました。

◎2020/8/7

コミュニケーションの注意点
の情報を更新しました。

◎2020/05/29

サイト公開しました

「オフィス サテライト」
に関連するツイート
Twitter